中学校教員を辞めてみた話

教員を辞めて民間企業に転職した人が自分の考えを気ままに書いています。

何のために教員をしているのか??

僕は平成30年度いっぱいで、中学校教員を辞めました。

 f:id:o1696:20190331094845j:plain

辞めたてホヤホヤです。

いろんなことがありました。大きな事件が起きたわけではありません。

生徒も比較的落ち着いていたと思います。もちろん、最近世間を騒がせているセクハラや体罰などでも決して、ありません笑

 

ではなぜ、僕は教員を辞めたのか。

今の自分を後で振り返るために、現場のことや、僕が考えたことを書いてみようと思います。

 

僕が教員を辞めた理由は、たぶん1つ

「何のために働いてるのか」

そこがうまく納得いかんかったんかなぁと思ってます。

要するに、職業選択の時点でミスってたということ。

本当に深く自己分析と職業の分析、仕事に求めることを整理してれば、教員を選んでなかったんちゃうかという、目を背けたくなる現実…。

 

「何のために働くのか」

答えはたぶん「生徒のため」以外にはありません。

当たり前のことで、言葉ではわかってること。採用試験でも言いました。

「生徒に寄り添い、成長を支えられる教師になりたい」と。

でも、その言葉の本当の意味をわかってはいなかったのだと思います。

 

今、教員を目指す方がもし読まれてたら、「生徒のために働く」ということの意味は理解できていますか?

僕のように生半可な気持ちで先生になると、きっと生徒も保護者も、そして自分も幸せにはなれない。

教育実習は幻想です。

現実を見て、考えて、それでも頑張りたいと思えるのであれば、本当にすばらしい教師になれる人です。ぜひ頑張ってほしい。

 

僕は教師という仕事を尊敬しています。

本当にすごい、尊敬すべき、カッコいい、生徒を伸ばす先生とたくさん出会いました。教師は優遇されてるとか、守られてるとか…未だにちょくちょく聞きますが、本気でやってる教師はいつでも死に物狂いです。

ほんまにすごい先生は、確かにいます。

 

ただ、僕はそうはなりたいというモチベーションを持てなかったのです。

僕は5年間、手を抜いたつもりはありませんが、このまま働いてたら、たぶん手を抜くようになっていたと思います。

だからこそ、辞めました。

 

一番悲惨なのは、モチベーションの低い人が先生になり、辞めるに辞めれず、もしくは辞めるという選択肢を持つことなく、だらだらと怠慢な働き方をして、税金から給料をもらい続け、周りの先生や、生徒たちに迷惑をかけまくり、自分はそのことに気がつかず、定年を迎えることだと思います。

 

自分のキャリアについて考えるって大事です

そんな甘ちゃんの僕の話。

ちょいちょい書いていきます。